HOME > 病気・感染症について > ノロウイルスとは


ノロウイルス

 
 

ノロウイルスとは

病院では「感染性胃腸炎」または急性胃腸炎という診断が一般的です。
検査キットなどを使うことでノロウイルスを検出した場合にノロウイルスと診断されます。
 

<よくある問題点>
一般的に「感染性胃腸炎=ノロウイルス」という認識が無いため、病院の受診結果が「胃腸炎ですね」と言われると「胃腸炎だったので整腸剤だけもらいました」と保育園等に登園することで、たちまちノロウイルスが園内中に大流行することになります。

 
ノロウイルスは毎年11~1月に流行する、感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。
主にヒトの手指や食品などを介して感染し、激しい下痢や嘔吐、腹痛などの症状を引き起こします。
毎年冬場に流行する感染性胃腸炎の主な原因であるノロウイルスは感染力が強いのが特徴です。
特に保育園や幼稚園、小学校などで集団感染が起こりやすく、感染した子どもがおうちにウイルスを持ち帰り、あっという間に他の家族に拡がってしまうケースも珍しくありません。
感染性胃腸炎の患者発生は、例年12 月の中旬頃にピークとなる傾向があります。
 
ノロウイルスの治療薬や予防のワクチンはなく、罹患した場合「対処療法」しかありません。
特に抵抗力の弱い子どもやお年寄りは吐いた物を喉に詰まらせたり、肺に入って肺炎を起こして死亡するケースもあるので注意が必要です。
またノロウイルスは感染力が非常に強く、感染者の吐物やふん便中に含まれる数百万~数億個のうち、わずか10~100個程度で感染すると言われています。
このように非常に強力なウイルスとして知られ、少量でも感染能力があるばかりか、過去に一度ノロウイルスに感染していても免疫がつかず、何度でも感染する可能性があります。
 
感染性胃腸炎の患者発生は、例年12 月の中旬頃にピークとなる傾向があります。この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特に集団発生例の多くは、ノロウイルスによるものであると推測されています。

感染経路・潜伏期間


ノロウイルスは極めて強い感染力で、感染した人の便や 嘔吐おうと 物を介して、人から人へと急速に広がっていきます。
このウイルスは、感染した人の便1gに1億個、嘔吐物1gにも100万個も含まれているとされています。
そして、わずか10~100個のウイルスが口にはいっただけで感染してしまう可能性があるのです。
さらに、乾燥にも強いため、ドアノブなどの環境でも数時間~数日間も感染力を保ちます。
絨毯や畳に便や吐物がしみ込んだ場合は非常に厄介です。
 
二次感染を防ぐことが最重要課題!
二次感染を防ぐためには、下痢になった人が、しっかりとトイレ後の手洗いをすることが大切です。
乳幼児でオムツの場合は、オムツを替える人がマスクや手袋をするなどして慎重に替えた後、必ず念入りに手洗いをすることです。
オムツは1つずつ2重にしたビニール袋に入れ、次亜塩素酸水を入れ、ごみの日まで屋外に出しておくようにしましょう。
また、嘔吐物は乾く前に処理します。乾燥させてしまうと、ホコリといっしょに舞い上がり、ウイルスが口に入って感染してしまうことがあるからです。

感染した場合の対応


脱水対策が初期対応のポイント。
ノロウイルス胃腸炎は、通常は数日の経過で自然軽快していきます。したがって、吐き気や下痢のひどい1~2日を、脱水を起こさないように乗り越えることが初期対応のポイントとなります。
特に小さなこどもや高齢者は脱水に弱いので、嘔吐や下痢がはじまったら、早期に対応を始めることが重要です。
どうしても口から水分を補給できないようなら、診療所や病院を受診することも検討しましょう。

なぜノロウイルスという診断が出ないの?


自分や家族がノロウイルスに感染したかもしれないと思い病院へ行ったからといって実は確実に100%ノロウイルスに感染しているかどうかを診断する方法がありません。
 
おそらく病院へ行ったとしても、特別な検査などは行われず、通常は症状を聞かれたり、周りの感染状況を聞かれて問診だけでノロウイルスに感染しているかどうか診断することが多いです。
 
えーー!?そんなものなの?と驚かれた方もいるかもしれませんが、実は「ノロウイルスの検査キット」はちゃんとあるんですね。
 
でこれを使えばすぐに感染しているかどうかを診断することができるのですが、この方法3歳未満と65歳以上の方しか保険が適用されません。
 
しかも100%黒か白かは判断できず、感染しているのに陰性が出ることもあります。
なので医者が「この人には検査をすることが医学的に必要」と判断した場合しか使われません。
 
もちろん100%確実に感染しているかどうかを判別する方法もあるのですが、「電子顕微鏡法」「RTーPCR法」「リアルタイムPCR法」とかいうやつです。
 
なんか仰々しい名前ですがその名の通り、とても仰々しい検査法で、一般的な医療機関(病院)では検査できない方法なんです。
専用の設備を持つ検査機関や行政機関(保健所や検査センター)、医療機関でしか取り扱われておりません。
 
こんな検査をしているのだったら結果が分かるまでに大体は治ってしまっています。
ですから、通常病院に受診した場合にはノロウイルスという診断結果は出ないということになります。