HOME > 病気・感染症について > 手足口病とは


手足口病

 
 

手足口病とは

手足口病は口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子供を中心に、毎年夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。
手足口病を発症するウイルスは一つだけに限られておらず、数種類のウイルスが同じ手足口病の症状を起こすと言われています。
ウイルス性の自然に治癒するが早く治す薬はないとされる病気を「かぜ」という部類に入るようで、手足口病もこの中に部類され「夏かぜ」の一つとされます。冬の風邪と違って咳・鼻水等の症状はほとんど見られない病気です。
手足口病を発症するのは一般的に5歳以下の幼児に多く、報告される患者の9割前後が5歳以下の乳幼児となっています。

症状


手足口病にかかった時、最初に出る症状は口の中の痛みです。
口内には白いポツポツが生じ、これが外見的に判別できる最初の症状となります。
ただし普通の口内炎とは異なり、手のひらや手の甲、足の裏、さらに手足の指の間にも白い水疱が生じ、最終的には2~3mm程度の水疱性発疹となります。
個人差はありますが、口内の発疹には痛みやかゆみが出やすい反面、手足の発疹は痛みやかゆみを伴わない場合が多くなります。
 
また、熱が出るというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、実際に発熱するのは3人に1人くらいの割合です。
熱が出たとしても38度以下の微熱で終わることが多く、どちらかと言えば病名の通り、手、足、口の水溶性発疹が主な症状と言えます。
 
潜伏期間はウイルス感染から3~5日程度で、多くは自然に治癒しますが、まれに髄膜炎、脳炎などの中枢神経系合併症を起こすこともあるため、初期症状を見逃さないことが大切です。

感染経路


感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られていますが、くしゃみや咳によって病原体が飛散し、これが他者の粘膜に付着する飛沫感染が主な経路となります。
 
特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは集団感染に注意が必要です。
子供たち同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子供の多くが発病するためです。

予防


予防薬やワクチンがないため、手足口病を完全に防ぐのは不可能となります。
さらに主な患者は保育園、幼稚園などの幼児ですから、咳エチケットや充分な手洗いを徹底させるのも困難。大人と違い、感染を防ぐためにとれる対策にも限界があります。
ただし、合併症を起こす症例は稀で、基本的には風邪と同じように数日安静にしていれば徐々に軽快します。手足口病のほとんどは軽度の症状だけで済むため、それほど恐れる必要はありませんが、日頃から可能な範囲で、手洗いなどの衛生管理について教えてあげることが、唯一、最大の予防策となるでしょう。
 
手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。
手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また、タオルの共用はしてはいけません。