HOME > 病気・感染症について > RSウイルスとは


RSウイルス

 
 

RSウイルスとは

RSウイルスの感染でおこります。
このウイルスは冬から春にかけて流行し、乳幼児気道感染症の重要なウイルスです。
 
RSウイルスの感染力は非常に強く、何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされ、赤ちゃん、乳幼児がかかりやすい感染症の、代表的な原因ウイルスと言えます。
症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々です。
初めて感染発症した場合は重くなりやすいといわれており、乳期、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。
 
生後1ヶ月未満児の場合、診断が困難な場合があり、突然死に繋がる無呼吸発作にも繋がります。
そのため、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)のお子さんがいらっしゃる場合には、感染を避けるための注意が必要です。

症状


通常RSウイルスに感染してから2~8日、典型的には4~6日間の潜伏期間を経て発熱、鼻汁などの症状が数日続きます。
多くは軽症で済みますが、重くなる場合には、その後咳がひどくなる、喘鳴※が出る、呼吸困難となるなどの症状が出現し、場合によっては、細気管支炎、肺炎※へと進展していきます。
 
初感染乳幼児の約7割は、鼻汁などの上気道炎症状のみで数日のうちに軽快しますが、約3割では咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難症状などが出現します。
低出生体重児や、心臓や肺に基礎疾患があったり、神経や筋肉の疾患があったり、免疫不全が存在する場合には重症化のリスクは高まります。
 
重篤な合併症として注意すべきものには、無呼吸発作、急性脳症等があります。生後1か月未満の児がRSウイルスに感染した場合は、非定型的な症状を呈するために診断が困難な場合があり、また突然死に繋がる無呼吸発作を起こすことがあります。

RSウイルスは生涯にわたって感染を繰り返し、幼児期における再感染での発症はよくみられ、その多くは軽い症状で、成人では通常は感冒様症状(普通の風邪症状)のみです。
 
※喘鳴(ぜんめい)
RSウイルス感染症が悪化した乳幼児の症状として、喘鳴が特徴的です。3歳以下の子に多くみられます。喘鳴とは、呼吸する時に喉が「ヒーヒー」「ゼーゼー」となってしまうことをいい、呼吸をする時に非常に苦しさをともなうことになります。特に赤ちゃんは、大人のように気道が発育していないため、余計に息苦しくなります
 
※気管支炎・肺炎
ほとんどの子が生後2歳までにRSウイルスに感染しますが、その中の約30%の乳児が気管支炎や肺炎を併発します。悪くなる時は、一気にここまで悪化することが多いようです。

感染経路


RSウイルス感染症はRSウイルスに感染している人が咳やくしゃみ、又は会話をした際に飛び散るしぶきを浴びて吸い込む飛まつ感染や、感染している人との直接の濃厚接触や、ウイルスがついている手指や物品(ドアノブ、手すり、スイッチ、机、椅子、おもちゃ、コップ等)を触ったり又はなめたりすることによる間接的な接触感染で感染します。
RSウイルスが麻疹や水痘、結核のように空気感染(飛沫核感染)するといった報告はありません。

予防


RSウイルス感染症には予防のワクチンがありません。また、感染した場合の特効薬はありません。治療は基本的には対症療法(症状を和らげる治療)を行います。
 
RSウイルス感染症の感染経路は飛沫感染と接触感染で、発症の中心は0歳児と1歳児です。
一方、再感染以降では感冒様症状又は気管支炎症状のみである場合が多いことから、RSウイルス感染症であるとは気付かれてない年長児や成人が存在しています。
 
従って、咳等の呼吸器症状を認める年長児や成人は、可能な限り0歳児と1歳児との接触を避けることが乳幼児の発症予防に繋がります。
また、0歳児と1歳児に日常的に接する人は、RSウイルス感染症の流行時期はもちろんのこと、流行時期でなくても、咳などの呼吸器症状がある場合は飛沫感染対策としてマスクを着用して0歳児、1歳児に接することが大切です。
接触感染対策としては、子どもたちが日常的に触れるおもちゃ、手すりなどはこまめにアルコールや塩素系の消毒剤等で消毒し、流水・石鹸による手洗いか又はアルコール製剤による手指衛生の励行を行います。