HOME > 病気・感染症について > 咽頭性結膜熱(アデノウイルス)とは


咽頭性結膜熱(アデノウイルス)

 
 

咽頭性結膜熱(アデノウイルス)とは

 

症状


 アデノウイルスの感染により、発熱(38~39度)、のどの痛み、結膜炎といった症状を来す、小児に多い病気です。
軽いカゼ程度のものから重症の扁桃腺炎であったり肺炎、さらには結膜炎や嘔吐下痢症といった症状など、様々な症状が見られます。
 
プールでの接触やタオルの共用により感染することもあるので、プール熱と呼ばれることもあります。
通常、6月ころから徐々に流行しはじめ、7~8月にピークとなります。
アデノウイルスの認知度は低いのですが、実はインフルエンザウイルスの次に人体から検出される頻度が高いウイルスです。
 
アデノウイルスの中でも7型というのは、重症の肺炎を起こすことで知られています。
アデノウイルス3型においては、咽頭結膜熱(プール熱)を起こし、高熱が3~7日ほど続いて、扁桃腺が腫れて、のどの痛みなどが出てきます。そして両目または片目が赤く充血してしまい目やにも出てきます。
流行性角結膜炎は、アデノウイルス8型が起こします。
目が充血してきて目やにが出ます。ただ、先ほどの咽頭結膜熱のように高い熱が出ることは特になく、のどの痛みなどもそこまで強い痛みを感じる事はないとされています。
学校伝染病の一つで、伝染の恐れがなくなるまで登校禁止となる病気にあたります。
嘔吐や下痢などのアデノウイルスによる腸炎においては、腸重積を起こす原因になるとも言われています。アデノウイルス11型は、排尿の際に痛みを伴い、真っ赤な血尿が出ます。

感染経路


おおむね、潜伏期間として5~7日を要し、感染経路は便、飛沫、直接接触などになります。
アデノウイルスは免疫がつきにくいウイルスのために、同じ人が何度もかかってしまうこともあります。
夏にプールを介して流行することがあることからプール熱という別称も持っています。
ただ、プールに入らなければ大丈夫という事ではなく、プールに入らなかったとしても、飛沫や糞便などを通じて感染しますので注意しましょう。

予防


流行時には、流水とせっけんによる手洗い、うがいをしましょう。
感染者との密接な接触は避けましょう(タオルなどは別に使いましょう)。
衛生を保つため、プールからあがったときは、シャワーを浴び、うがいをしましょう。