熱中症

 
 

熱中症 とは

近年、初夏~秋まで熱中症のニュースが連日流れます。
熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

症状


めまいや顔のほてり
 めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状。一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。
体のだるさや吐き気
 体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。
汗のかきかたがおかしい
 ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど。
体温が高い、皮ふの異常
 体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状。
筋肉痛や筋肉のけいれん
 「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状。筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。
呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
 声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診しましょう。
水分補給ができない
 呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。すぐ医療機関を受診しましょう。
 

予防


初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、体が暑さに慣れていないのに気温が急上昇するときは特に危険です。無理せず、徐々に体を慣らすようにしましょう。
 
熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。
・「水分を」こまめにとる
・「塩分を」ほどよくとる
・「睡眠環境を」快適に保つ
・「丈夫な体を」つくる
・「気温と湿度を」いつも気にする
・「室内を」涼しくする
・「衣服を」工夫する
・「日ざしを」よける
・「冷却グッズを」身につける
・「飲み物を」持ち歩く
・「休憩を」こまめにとる
・「熱中症指数を」気にする

治療


・涼しい場所へ移動する
・衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げる
・塩分や水分を補給する