HOME > 共通ページ > 園の紹介


OLive保育園の紹介

 

山梨県笛吹市OLiveオリーブ保育園

小規模保育C型
定員10名

山梨県笛吹市OLiveオリーブ保育園

企業主導型保育
定員30名

小人数保育、家庭的な保育が求められる時代
厳しさも優しさも含めて子供も保護者も
愛されていると感じてもらえる保育園であること

「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」


朝、登園してきたお子さんと一緒に、おうちの方を「いってらっしゃい」と園から送り出します。そしてお迎えに来たおうちの方には「おかえりなさい」と出迎えます。
それは家族が家で声をかけるように。
OLive保育園は園児さんを大切にするのはもちろんですが、おうちの方を家族のように思っています。お母さんが来てもお父さんが来ても、おじいちゃんやおばあちゃんが来てもみんな仲の良い大家族のような雰囲気で迎えます。
子供にも大人にも、いつも心地よい場所でありたいと願っています。

小さいからこそ豊かな保育園

OLive保育園は、誰にとっても優しく楽しい場所であることを大切に考えます。
そのためには、家庭との連携を深く図り共に子育てを考えることで子供たちの幸せと健全な育成を見守ることが必要です。
小規模保育だからできること、むしろ小規模保育でなければできないことが、実は一生の人格形成の基礎である乳幼児期に最も大切な保育環境でもあります。
 
OLive保育園の保育に対する考え方
園内の様子と設備
衛生的な環境作り
アルバム〜年間を通した活動の様子〜

園長が保育士という安心感

OLive保育園の園長は保育士養成学校を卒業し、保育士・幼稚園教諭・家庭的保育者の有資格者として一般の保育所の保育現場でクラス担任をし、笛吹市の学童保育の立ち上げ時も責任者を経験。OLive保育園設立後には親育ち支援(親学アドバイザー)の資格も取得し、現在は様々な場所で保護者や保育士を目指す学生、現場で活躍する保育士に講義や公演を行っており、保育や子育て支援に深い理解があります。
園内では保育士の教育を担当するほか、保育士として、また親としての育児経験を踏まえ、保護者の子育て相談やアドバイスも行っています。
保育に参加し子供たちと日々触れ合い、園の運営と現場の両面から保護者のサポートと子供の育ちを支援しています。
 
園長の挨拶

小規模保育が求められる時代の保育園

OLive保育園は認可外保育所として2009年の開園当初から一貫して少人数制で家庭の延長のような保育を行っています。
そして2016年に認可保育所になってから現在も、その保育スタイルは変わりません。
目の行き届く、あたたかい家庭的な雰囲気の中で子ども達の最大の成長を願う場所。
そして異年齢児が関わることで、優しさ、思いやり、心の成長が育まれます。
年上の子が年下の子に自然と優しく関わり、年下の子は年上の子の真似をすることでできることが増えていきます。
大事なのは子供の中に「あたたかい心」や「意欲」が育つことです。
異年齢保育の大きな魅力は、毎日の生活の中で自然とそれらが育まれることです。
 
保育内容・開園日・定員・利用時間など
小規模保育について詳しくはこちら
良い保育園の選び方(厚生労働省推奨)

OLive保育園は子育てを応援する「平和」と「知恵」の園


オリーブの花言葉は「平和」と「知恵」

オリーブは「平和の象徴」や「幸福を呼ぶ」などと言われますが、これは旧約聖書に由来します。
あの有名な「ノアの箱舟」で、───神が起こした大洪水の後、ノアが外の様子を知るために箱舟から放った鳩がオリーブの枝をくわえて戻り、ノアは地上に平和が戻ったことを知った───という一節があります。
ここからオリーブの枝は、ハトと共に平和の象徴とされたのです。
またギリシャ神話では、オリーブの木は平和と知恵の女神アテナによって作られたとされています。ゆえに女神アテナの神木はオリーブであり、古代オリンピックの勝者に与えられる冠がオリーブで作られているのも、この女神アテナにまつわる神話からです。
アテナは戦いの女神です。ですが戦うのは、国や家庭を守るため。つまり平和を守り抜くためです。
そして、アテナは知恵の女神でもあり、人々を賢くするため尽力したと言われています。
 
平和と知恵の花言葉を持つオリーブの名のもと、私達『OLive保育園』は育児・子育てを頑張る保護者の方と、明日の社会を生きる子供たちの心に、平和と豊かな知恵を育む場所であることを目指します。
そして、OLiveは子育ての悩みを相談できる保育園であり、子供のより良い成長を心から願う保育園であり続けたいと考えています。
 
保護者の方には親としての自信を、子供たちの中には「あたたかい心」が育つように応援していきます。
 
 
躾(しつけ)教育日本語教育(漢字まじり絵本、読み方カードなど)音楽教育(リズム教室)運動教育(運動あそび)・お散歩・その日の様子に合わせた様々な遊びなど、一般的な大人数の保育園では実施の難しいことを、小規模保育園だからこそできる独自の保育内容で、手厚く丁寧な保育を実施しています。

運営主体

<法人名>
NPO法人 Hope笛吹
〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田635
電話 055-215-6600
代表理事 神宮司忍
 
<施設名>
■OLive保育園 市部園(笛吹市認可:小規模保育C型)
〒406−0031 山梨県笛吹市石和町市部1084 ハヤカワビル202
電話 055-287-8660
園長 神宮司忍
 
■OLive保育園 窪中島園(内閣府認可:企業主導型保育)
〒406−0036 山梨県笛吹市石和町窪中島134-1
電話 055-000-0000
園長 神宮司忍
 
<沿革>
2009年9月1日〜 認可外保育所として運営開始
2016年4月1日〜 小規模保育C型に移行(認可保育所)
2017年2月1日~ 企業主導型保育 OLive保育園石和窪中島園を開所

連携施設

<園名>
山梨英和プレストンこども園
〒406-0036 山梨県笛吹市石和町窪中島190−2
ホームページはこちら
ホームページ
 
<連携内容>
OLive保育園(市部園)を卒園する3歳児(年少児)の入園

山梨県笛吹市OLiveオリーブ保育園

小規模保育C型

山梨県笛吹市OLiveオリーブ保育園

企業主導型保育