HOME > 市部園「小規模保育」 > 家庭的保育者について


家庭的保育者について

小規模保育の保育者資格「家庭的保育者」について

家庭的保育者はハードルが高い資格


家庭的保育と小規模保育C型において保育をする場合、保育士免許が無くても「家庭的保育者」または「家庭的保育補助者」という資格があれば保育をすることができます。
家庭的保育者になるには、特定の研修を修了する必要がありますが、保育士の免許があっても家庭的保育者の研修を修了していなければ、家庭的保育と小規模保育C型において保育をすることができません。
 
資格の取得には自治体が実施する「子育て支援員研修」を受講します。
保育士の資格がある人が受講すると→家庭的保育者
保育士の資格が無い人が受講すると→家庭的保育補助者
 
保育士の免許が無い人が家庭的保育者になりたい場合は、「家庭的保育者の認定研修」を受講する必要があります。
 
現在、山梨県においては認定研修を実施していないため、家庭的保育者になるためには次の2つの条件をクリアする必要があります。
1.保育士の資格があること
2.子育て支援員研修を修了すること
 
保育士の免許だけでは保育できない家庭的保育と小規模保育C型。
 
本来は保育士の資格を取らなくても研修を受けるだけで保育が実施できるため、実施のハードルが低く保育事業を展開しやすいことがメリットのはずですが、実際は保育士資格+研修修了が必要となるため、最もハードルが高く保育事業の展開が難しい保育となっています。