HOME > 保護者向け > 衛生的な環境づくり


衛生的な環境づくり

 

OLive保育園の衛生的な環境づくり

園内では安全に除菌・消臭を行っています

室内の衛生管理はとても大切。
特に赤ちゃんや3歳未満児のいる空間ではなおさら。
風邪やインフルエンザ、ノロウイルスやO−157など様々な病気の感染リスクを減らすためにOLive保育園は様々な対策をしています。
アルコールは高濃度75%の製品を使用し、次亜塩素水のCELA(セラ水)と併用して椅子・テーブル・玩具など園内全般の除菌をしています。

弱酸性次亜塩素酸水CELAは安全です。

新型コロナウイルスに有効である次亜塩素酸水には安全なものと危険なものがあります。
OLive保育園で使用している弱酸性次亜塩素酸水CELA(以下CELA水)は、検査機関による安全性試験において人体への無害が証明されていますので、大量の吸入や誤飲も一切影響ありませんのでご安心ください。
CELA水の安全性試験について(試験内容と結果)
 

新型コロナウイルスに有効なオゾン

先日、新型コロナウイルスに対する空間除菌としてオゾンが有効であると発表されました。
OLive保育園では当初からオゾン装置を設置して空間除菌に努めています。
オゾンも濃度により人体に影響がありますので、国の基準に従い安全な濃度の装置で稼働していますのでご安心ください。
当園で設置しているオゾン装置はタムラテコ社製で、先日の国の検査に使用した機種です。

 
 
空気清浄機と除菌消臭の水「CELA」を使っています


OLive保育園の園内には各部屋に空気清浄機の設置、アルコール消毒液(75%)の配置に加え、さらに除菌消臭の水「CELA水」を設置しています。またCELA水を霧状にして噴霧することで、常に室内空間を除菌消臭しています。
(保育室・給食室の空間除菌と消臭)
 
CELA水は弱酸性次亜塩素酸水で、とにかく安全を第一に考えられているので、赤ちゃんがいるお部屋でも安心して使うことができます。
また、アルコールでは対応できないノロウイルスにも即効性で効果があります。
(ハイター希釈液の80倍の除菌速度、8倍の除菌効果)
 
OLive保育園では笛吹市にあるCELA水製造元(株式会社SANRI)の協力により、常に新鮮なCELA水を供給してもらい、おもちゃ・遊具・食器・掃除など、すべての衛生管理に活用しています。
 
特に室内では超音波式加湿器で噴霧して空間除菌をすることで、風邪・ノロウイルス・インフルエンザ・O−157など病気や食中毒の感染予防・感染リスクの軽減を心掛けています。
まだ免疫力の弱い乳幼児さんなので、小規模であっても集団生活になるので感染リスクはあります。このリスクをできるだけ減らすことはお子さんを預かる園の務めと考えています。

菌・ウイルス・安全性の試験結果

対象

試験機関

試験結果

インフルエンザウイルス

日本食品
分析センター
99.8%以上抑制

ノロウイルス
(ネコカリシウイルス)

日本食品
分析センター
99.9%以上抑制

O-157大腸菌

日本食品
分析センター
99.9%以上抑制

黄色ブドウ球菌

日本食品
分析センター
99.9%以上抑制

スギ花粉
アレルゲン

ITEA東京環境
アレルギー研究所
99.5%以上抑制

ダニアレルゲン

ITEA東京環境
アレルギー研究所
99.4%以上抑制

眼刺激性試験

日本食品
分析センター
無刺激物

急性経口毒性試験

食品農医薬品
安全評価センター
毒性は極めて弱い

皮膚-次刺激性試験

日本食品
分析センター
無刺激物

前身吸引暴露による
急性毒性試験

三菱化学
メディエンス
変化は認められない